スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に衝撃が走りました。
6月26日(土・現地時間)、カリフォルニア州サンノゼのhpパビリオンでは、ストライクフォース&M-1グローバルの共同イベント「FEDOR vs. WERDUM」が開催された。

 その大会名にもある通り、今年初の試合に臨んだ皇帝エメリヤーエンコ・ヒョードルが、ファブリシオ・ヴェルドゥムと激突したメーンイベント。試合前には、現ストライクフォース世界王者アリスター・オーフレイムが、「個人的には、ヒョードルに勝ってほしい。僕自身が彼と戦いたいからね。スタンドのKOでヒョードルが勝つ。誰が次の挑戦者になろうが、勝つのは僕だよ」と語り、試合の行方を見守ったが、そこには誰も予想し得なかった衝撃の結末が待っていた。

 ヒョードルのパンチで後方へ崩れ落ちたヴェルドゥムに対し、追撃を狙ったところで、ヴェルドゥムは下から三角絞め。態勢を立て直し、その右腕を伸ばしに掛かると、観念したかのように皇帝はタップ、約1分という短いタイムでベルドゥムは世紀の番狂わせを起こした。

 勝ったベルドゥムは、「1Rは汗が少ないから、トライアングルが極まりやすいと思っていた」と試合を振り返ると、ヒョードルとの再戦を口に。その一方で、どこか茫然自失にも見えるヒョードルは、「ここでの言葉は意味はない。僕の対戦相手は、立っていなかったんだから。打撃に集中していたから、これから敗因を探る。もう1試合、契約が残っているから、また米国で戦います」と言葉を残し、MMAキャリア初の一本負けを喫したケージを去った。
(スポーツナビより抜粋)

格闘技ファンなら誰でも知ってるあの、あのヒョードルが
負けてしまったよ・・・
正直彼だけは、本当にサイボーグなんじゃないか?
って疑ってましたからね(笑)
彼も人間だったんだ

http://www.youtube.com/watch?v=r254ncFfv24

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はじめ院長

Author:はじめ院長
FC2ブログへようこそ!

健康BMI

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。